スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
「君に不整脈」
 
って、言われたいねと、女子トークをしました。
「君に不整脈」は笑っちゃうけど、ドラマチックなこと言われてみたいねって。
仕事中なのに、レンアイトーク炸裂しながら最近はパシャリしております。

「ところで、女子力ってなんなんすかね?」
「なんなんすかね〜女子って?ティーン向け?アダルト向け?」
「これは誰向け?」

メディアに翻弄されながら、その女子力を最近高めようと、
書店に行くと今まで禁断のコーナーと思っていた女子用の専門書?
やたらとピンクのカバーのコーナー(アダルトでなく)へ。

そこをうろちょろしては通り過ぎて、
またちらっと立ち寄っては、また通り過ぎて。。
IKKOさんがおススメしていた、美脚になるなんとか!とかのグッズに
手を出しては、引っ込めて。。
小顔なんとか!とかのグッズに手を出しては、引っ込めて。。

あぁ〜なんなの!
女子ってなんなの!
と、翻弄される毎日です。
とりあえず女子はお金がかかるということは昔から知ってましたけど、
最近もっと身に染みました。
なので、来世は男になりたい。
「早く来世になりたい」とやたら毒を吐いて、
「キャラが変わった!」と冷やかされるこの頃なのです。
「ふっ、最近いろいろあって一皮剥けたからねっ」
「姐さんw」

なんか話がズレてきてしまったので、全然話は変わって、、、


カメラマン1年生の頃からお世話になっているデザイン会社さんとのお仕事にて、
毎月ホクホクする撮影をいただきました★

かわゆらしいまだ小っちゃい子たちのほのぼの撮影なのです。
作品感覚のお仕事なので、一緒に遊びながら癒されながら。



赤ちゃん〜2歳、3歳などでもう性格がみんな違うんだな〜とか、
みんなと遊びながら、キャラクター出来上がっていくんだな〜と、
いろいろ学ぶ事もたくさんあります。



これからみんなの成長をたっぷり収めていくぞ〜!
だから、またいっぱいお姉さんと遊んでね。





diary comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://yuricamera.jugem.jp/trackback/87
<< NEW | TOP | OLD>>